2月16日松江市、中国ブロック13徳目朝礼大会

こんばんは、公式教材活用委員会福田大新です。2月16日(土)島根県松江にて日創研公式教材である「13目冊子」を用いたコーチング型人財育成朝礼「13目朝礼第8ブロック大会in島根」が開催されました。

順位結果は第3位入賞!

 
惜しくも全国大会へチケットは手にできませんでした。
しかし、12月準備から約二ヶ月、そしてチーム招集してから一ヶ月半、非常に濃厚な時間と学び、気づきをさせて頂きました。
本当に様々なことに直面し、様々なことから内省をさせて頂き、様々な人と関わることができました。
私たちチームを支えていただた皆様に心から御礼申し上げます。
ありがとうございました。
 
しかし、
学べればそれでいい、とは思ってはいません。
やはり全国大会に皆で行きたかった。
「勝利」をこ手で、肌で感じたかった。
メンバーに加わってくれた仲間たち悔しい思いは私それを超越しています。
本当にそれだけ関わり、本気で挑戦してくれました。
重ねてメンバー、いや君達に心から感謝したい。
ありがとう、みんな。
 
 
今年度、拝命したこ公式教材活用委員会として使命を考え
今、我々岡山経営研究会公式教材活用及び導入率など現状分を行ってみたところ
本当に私たちが優勝するためにはいくつかステップを踏まなければいけないと確信しました。
一つが今回大きな目的でもあった「経営研究会に新しい芽」を芽吹かせることでした。
 
石橋康平くん、金光順子さん
西森巧くん、福田摩弥子さん
築山昌和くん、吉武進吉くん
犬飼光晴くん、春木徹くん?ん??(今回急遽代打でした。春木さんありがとう!(^^))
 
仲間はこれから研究会で必ず様々なシーンで今までになかった考え方や思い、そしてアプローチで
今まで私たちが起こすことができなかった変化を起こすことができる「新しい芽」となってくれる仲間です。
今回13目チームに入って目を学び始めた仲間ばかりです。
すでに2名が導入をしてくれています。
そして、それを楽しんでくれています。
岡山経営研究会で先輩方が今まで作り上げて下さったもを大切にしながらも、
新しい岡山経営研究会としてレボリューションはこう言った仲間からスタートするはずです。
 
優勝を勝ち取るためには彼ら存在が必要でした。
惜しくもすべてステップをこ大会までに踏むことはできませんでしたが
すでに彼らは「次手」まで自分たちで考えてくれています。
こうやって事業ごとにたち消える関係や学びでなく
「次に繋がるチーム」「次に繋がる学び」をみんなと一緒に作っていけたら・・・
そう思っています。
 
また次委員会、例会でこ仲間たちに会うこともあるでしょう。
ぜひそ時は最大承認と称賛でそ労を労って上げてください。
 
「真優勝」を目指し、これからも仲間と共に進んでまいります。
 
練習会へ応援、そして差し入れ。
また激励メールやお電話。
さらには個々へ声掛けやアドバイスを頂き、本当にありがとうございました。
心より御礼申し上げます。
 
どうぞ、これからもこメンバー一人ひとりに色々と役割を頂ければ幸いです。
 
本当にありがとうございました、そしてこれからもどうぞよろしくお願いいたします。
そして、チームみんな、もう一度・・・・・
 
お疲れ様でした!ほんま、ありがとう!