会長挨拶

2019年 本部スローガン

原点回帰・経営革新のために
コア・コンピタンス経営を急げ

2019年度 本部会長方針

  • 会員5,000名達成のための準備と、組織活性化委員会の強化。並びにブロック長・副ブロック長の育成
  • 退会者防止の具体策の実践
  • 全国大会in神奈川の成功
  • 本部レクチャラーの育成と最大活用
  • 会員増強として、「理念と経営・社内勉強会」や「13の德目朝礼」を
    最大限活かし、自らも社内に導入して人財育成に努めよう
  • 可能思考研修未受講者の正会員化。TTコースへの参加促進と 本部研修の最大活用
  • 会員増強と質の向上(例会出席率70%
  • 本部経営革新推進委員会の新設とマインド・イノベーションの促進

本部会長方針に基づき、岡山経営研究会は下記の方針を掲げさせていただきます。

岡山経営研究会 会長 應武 勝幸

「経営研究会の最大活用と実践」
-我々にとって価値ある経営研究会を目指そう-

  • 関わりの深い、共に栄える委員会活動の強化
  • 経営理念・経営方針書作成100%の実現
  • 本部研修・本部三大事業の積極的参加の促進
  •  田舞本部会長は、2018年度に引き続き「原点回帰・経営革新のためにコア・ コンピタンス経営を急げ ―ありがとう経営・真の80%黒字経営の実践-」を掲げておられます。 2019年度は、東京オリンピック・パラリンピック開催前の景気の後退や消費税増税の実施による消費の低下、働き方改革関連法の施行などに対して採用含む労働環境の変化や対応など、我々中小企業はこれらの大きく変化し続ける外部環境を意識し具体的な対策を実践していく必要があります。 その為に、今年度も「経営研究会の最大活用と実践」を掲げさせて頂きました。 我々、日創研岡山経営研究会の会員は学ぶことが全ての経営の基本と考え、自社それぞれが思い描く理想の会社にするため、真摯に学ぶ場として活用していくのが経営研究会です。 「岡山経営研究会に入会し学び続けて良かった!」と我々が胸を張って断言し、地域の経営者からも「あの会に入会して学べば、経営者として成長でき、会社の業績があがる」と思われる会を創っていく必要があるでしょう。

    続きはこちら>

    活動報告

    2月合同例会報告

    2月4日(月)18:00~ 倉敷アイビースクエアにて岡山・岡山西経営研究会にて2月合同例会が開催されました。

    今回は日本創造教育研究所の田舞代表にお越しいただき、『業績を上げ良い会社をつくる7つの条件』と銘打っての例会でした。

    これからくる厳しい時代に備えて、みなさんはこの講演をお聞きになられどのように感じられたでしょうか。

    ご多忙の中、多くのオブザーバーを誘致頂き
    2月例会に参加してくださりありがとうございました。
    結果として、定員の500名を大きく上回る例会となりました。
     
    そんな中で、

    田舞代表の講演で何度も言われていたことは、『「スピリットレス」である。この状態にあるといくら売り上げが上がろうと企業は永続しない。たくさん学び、このスピリットレスから脱却することが大切である。その為には「可能思考」である。しかし、人間は必ず元に戻ろうとする生き物なので、継続して学び続けなければならない。自分自身でこのスピリットレスから脱却させなければない。』と、おっしゃいました。

    本年からは岡山県内の経営研究会がふたつになり、共に学ぶ仲間が増える中、私たちはスピリットレスになることない環境がこの経営研究会の在り方なのかもしれません。
     
    ご参加頂きました皆様本当にありがとうございました。これからも共に学び、共に栄える精神を持って学んで参りましょう。
     

    行事カレンダー